UIFAとは UIFA Japonとは 活動内容 出版物 会則 リンク 事務局








■ 個人情報の利用
あらかじめご本人の同意を得ず、利用目的に必要な範囲を超えて個人情報を取扱うことはありません。
ただし、次の場合はこの限りではありません。
•法令に基づく場合・人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難であるとき
•公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難であるとき
•国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める業務に協力する必要があり、ご本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき

■ 個人情報の安全管理
取得した個人情報は、適切な方法で管理します。
法令にて許されている場合を除き、お客さまの個人情報は、お客さまの同意を得ることなく第三者に開示・提供致しません。

■ セキュリティー
個人情報データベースは厳重に管理し、紛失・破壊・改ざん・漏えいなど最大限の防止策を講じます。

■ クッキーおよびアドレス
クッキー及びIPアドレス情報については、単独では特定の個人を識別することができないので個人情報とは考えておりません。
ただし、これらの情報と個人情報が一体となって使用される場合は、情報も個人情報とみなします。
「UIFA Japon」では、たとえ特定の個人を識別することができなくとも、クッキー及びIPアドレス情報を利用する場合には、その目的と方法を開示致します。
また、クッキー情報については、ブラウザの設定で拒否することが可能です。
クッキーを拒否するとサービスが受けられない場合は、その旨も公表します。

■ 第三者への情報提供の制限
以下の場合を除くほか、あらかじめご本人の同意を得ることなく、個人情報を第三者に提供しません。
•法令に基づく場合
•人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難であるとき
•公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難であるとき
•国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める業務に協力する必要があり、ご本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき

■ 個人情報の開示
ご本人から、個人情報の開示を求められたときは、ご本人に対し、遅滞なく開示します。
ただし、開示することにより以下のいずれかに該当する場合は、全部または一部を開示しないこともあり、開示しない決定をした場合には、その旨を遅滞なく通知します。
•ご本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
• 「UIFA Japon」の運営に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
•他の法令に違反することとなる場合
•裁判所、警察、消費者センターまたは、これらに準じた権限を持った機関から要請がある場合